長崎を動画で紹介するYouTubeチャンネル

悩みの種解消!首イボ(アクロコルドン)除去体験記

首イボ(アクロコルドン)を取ろう!

アクロコルドンとは?

首の周りやわきの下などにできる,突起状のイボのことです。病気ではなく,服や肌の摩擦などによる皮膚の劣化症状です。悪性ではないため放置でもいいのですが,見た目が悪いですし,気になりますね。簡単に触れるところにできたら,いじることによって突起がどんどん大きくなってきます。

どうにかして取りたい-健康食品・化粧品

わたしもアクロコルドンができていました。ゴマ粒大を通り越し,米二つ分ぐらいに成長してしまいました。首の前にあるものですから,暇あればさわり,どんどん大きくなっていきます。見た目が悪いので,コンプレックスとなっていきました。

それで,皮膚に良いもの,イボを取ると銘打っているものをいろいろと探してみました。皮膚の代謝にいいのはヨクイニン・ハトムギだということがわかりました。

イボコロリはどうでしょうか。塗るイボコロリは魚の目のようなイボに使うもので,アクロコルドンには使えません。しかし,飲むイボコロリというものがありました。ヨクイニンたっぷり。試してみましょう。

皮膚にはいいのでしょうが,飲み終わっても変化はありません。肌の状態は良くなったように感じます。

次に,塗るヨクイニンエキスを試してみました。

首イボは柔らかくなり,取れそうになりますが,引っ張っても取れる気配はありません。

次に,ナイトパッチ。一晩中ヨクイニンの力を注ぎこみます。

これも付けた後柔らかくなりますが,だめでした。

総額4522円の美容法で勝負しました。皮膚の代謝の仕組みに詳しい方なら,だめな理由もお判りでしょう。皮膚も,他の臓器と同じように,細胞が入れ替わっていきます。ターンオーバーというようです。その周期で,イボが取れる場合もあるようです。飲んだり,塗ったりするものは,長期的に見なければなりません。即効性のあるものではありませんでした。

しかし,全くダメなものではありません。根気強く付け続けた家族の小さなイボは,数週間でポロっとなくなりました。小さなイボ,続ける意欲のある人にはとても効果的であるし,肌の状態も良くなるので,試してみる価値はあるかもしれません。

じゃあ,私のの大きなイボは,どうにもならないのでしょうか。

爪切り?毛抜き?で切っちゃえ!

毛抜きで挟んで,「えい!」。「ぷちっ!」とはちぎれませんでした。血が出ただけです。爪切りで切りましょうか。いたそうです。勇気がありません。そもそも,そんなことしてはいけません。炎症を起こすかもしれません。

そうだ,皮膚科に行こう-そして簡単に

皮膚科に行くことにしました。どこに行きましょうか。「皮膚科 アレルギー科」の標榜のところは心配です。「皮膚科 形成外科 美容外科」を標榜していることろに行きました。

相談すると,6000円で除去できるとのこと。麻酔を打って,レーザーで焼き切って。薬(消毒液と抗生物質)を塗って傷口を治療し完成です。傷口には一週間薬をつけなければなりませんが,完全にイボはなくなりました。時間にして10分もありません。これまでの苦労は何だったのでしょう。

そして,うれしかったのは,保険適用され2000円強で済んだこと。大きかったからでしょうか,服を着るときなど支障があったからでしょうか。美容ではなく,治療と判断してくださったようです。病院によっては一カ所1000円のところもあるようですね。

これまで,アクロコルドンに費やした美容エキスの金額がバカのようです。

いつでも取れると気分も楽に

1000円から6000円でこのイボがとれると思うと,他にイボができて成長してもいいやと思うようになりました。うれしい限りです。

治療してもらった皮膚科

まつなが形成外科・皮ふ科

長崎市の西浜町電停前,郵便局のビルにある,まつなが形成外科・皮ふ科にお願いしました。

初めは予約でないといけないといわれたのですが,一カ所なら少し待てばできると言われました。実際,病院にしては待たなかったほうです。

受付の方・看護師・ドクター共に親切で,丁寧に扱ってくださいました。

外科的治療は怖い?

薬や健康食品や美容法もあり

ネットショップに様々な健康食品や化粧品が売っています。アクロコルドンの程度や体質によっては,劇的に聞くこともありますので,お試しください。

AMAZON:アクロコルドン