長崎を動画で紹介するYouTubeチャンネル

Googleドライブで共有URLを取得するのは危険!

Googleドライブの安全な使い方

Googleドライブ使っていますか?

個人のファイルを様々な端末で閲覧するため,資料を共有するため。

いろいろな用途で使用できるGoogleドライブですが,中途半端な使い方をしていると,セキュリティー的に危ないことになることがあります。

共有URLの間違った取得方法

複数の人と共有しているファイルのリンク(URL)を取得したいことがあると思います。メールでリンクを送りたいことがあるからです。

それで,ファイルやフォルダ―を右クリックすると…

「共有可能なリンクを取得」ボタンが現れます。これを押すとリンクURLを取得できそうです!と思ってクリックしないようにしましょう。

クリックしてしまうと,限定公開ではなく,URLを知っている人すべてが閲覧可能になってしまいます。それを戻さずに使い続けると,リンクを知っている人は全員が見ることができる状態になってしまします。リンクを誰にも教えなければいいということではなく,過去に共有していて,共有から外した人が見ることができるかもしれないということです。総当たりURL作成ツールなどを使って,危ういところをついてくるハッカーもいるかもしれません。

リンクを取得しただけなのに,更新日時が変わってしまうのも困りものですね。

共有可能なリンクを取得

共有URLの正しい取得方法

では,どうやってリンクを取得すればいいのでしょうか。

右クリックして,「共有…」をクリックします。すると,現在共有されているメンバーの上部にURLが記載されています。

表示されない場合は,「〇〇と共有しています」ををクリックすると表示されます。

このリンクをコピペして,リンクを送りましょう。「共有可能なリンクを取得」は危険です。

安全なGoogleドライブの使い方

「リンクを知っている人全員」の設定はネット上に公開されているものと思って,差し障りのないファイルだけに設定しましょう。

Googleの使い方

Googleドライブ含めて,Googleのサービスについて少し知りたい?

基本を学ぶことができる本がお勧めです。