長崎を動画で紹介するYouTubeチャンネル

ミラーレス一眼レフカメラの外部マイク探しの旅

なぜ外部マイク?

先日,Canon EOS M6を購入しました。わたしのYouTube動画を見ていただければわかると思いますが,屋外撮影が多いです。屋外で内蔵マイクで撮影すると,風の音が入り雑音となります。

そして,わたしのYouTube動画は,基本声出ししていませんし,何かのイベントを撮るわけでもありません。無音+BGMでも構わないのです。しかし,それでは少し味がないと感じました。環境音を録りたいと感じています。

内蔵マイクの指向性は,全指向性のステレオです。指向性を持たせたいとも感じました。カメラで映している方向の音が録れることが希望です。

マイクの条件

内蔵マイクがステレオであることと,環境音の広がりを録りたいことから,ステレオは必須としました。

いずれ野鳥も撮影したいことから,鋭指向性もあれば最高です。切り替えられるのはないでしょうか。

Canon EOS M6はプラグインパワーのマイク(電池不要)が非公式に使えるようですが,公式には非対応のことで,バッテリー駆動も条件にしたいと思います。

マイク1 Canon DM-E1

ステレオ・指向性切り替え・電池駆動の条件ですと,探す間もなく純正のマイクが見つかりました。Canon DM-E1です。

指向性は,正面(モノラル)・90°・120°と切り替え可能。電池式。風防(ウィンドスクリーン?)付きで,風切り音防止ができます。

Canon DM-E1 撮影サンプル

120°で環境音の録音。音量のみ調整

でも,ここで問題発生。ホワイトノイズがひどすぎる。

マイク2 ZOOM ズーム ハンディレコーダー H1n

ICレコーダーを使ってみることにしました。

使用するICレコーダーは,ZOOM ズーム ハンディレコーダー H1n。リニアPCMレコーダーというのでしょうか。

出力端子から,カメラのマイク端子へと送ります。カメラ側のレベルをマニュアルにして,最低レベルに落とします。レコーダーのマイクゲインをMAXに,出力ボリュームを60くらいにします。

この設定では声がちいさかたったです。編集ソフトで音量を上げるとやはりノイズが入ります。カメラの入力を上げてみました。その結果の動画はこちら。

ZOOM ズーム ハンディレコーダー H1nの撮影サンプル

水の音なのかノイズなのかわかりにくいですが,きれいに撮れているようです。しばらく様子を見たいと思います。ICレコーダーで別撮りすればもっときれいな音が入るでしょう。