変わる長崎を記憶したい

川棚のくじゃく園で動物たちとふれあう-そこの裏山の名前はなんと!

大崎くじゃく園

長崎県東彼杵郡川棚町の大崎半島。そこにくじゃく園はあります。

「くじゃく」など動物以外にも,ゴーカートやアスレチックがある家族で楽しめる公園です。

くじゃく

くじゃくといえば羽を広げた姿が有名。羽を広げるのは3月~6月とのことで,今日(2月)は少し早かったかもしれません。

この大きなくじゃく舎の中にたくさんのくじゃくがいます。案内板によると園内に200羽のくじゃくがいるようです。

別のくじゃくランドという小屋もあり,そこにヒナやシロクジャクがいます。

しまりす小屋

シマリスがいるとのこと。長崎公園どうぶつひろばや雲仙リス村で触れ合ったことがありますが,やっぱりリスはかわいいですよね。

フラミンゴ

フラミンゴもいました。よく食べて,よく鳴いていました。

子どもも楽しめる

バッテリーカーやアスレチックなど,子ども連れでも楽しめます。

動物たちの動画

くじゃく園の中にある山は?

その名も「もみじ谷」。この名称,長崎市内にお住まいの方なら違和感をお感じになるでしょう。他市の方にとっては雰囲気のいい名前なんでしょうね。

途中からは片島公園が

くじゃく園手前からは,魚雷発射試験場で有名な片島公園が見えます。

片島魚雷発射試験場跡の動画

長崎を紹介するYouTubeチャンネル

長崎にはいろいろなお店やスポットがあります。長崎の様々なスポットを紹介している,ここどこ?長崎!YouTubeチャンネルをご覧ください。

お気に召していただけましたら,チャンネル登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。