変わる長崎を記憶したい

クルーズ情勢が悪い中,浦頭ターミナルの建設状況

浦頭ターミナル

佐世保市の浦頭地区に国際クルーズ船が入港するための岸壁およびターミナルが建設中です。

新型コロナウイルスの影響で,クルーズ船の入港が危ぶまれる中,建設が進んでいます。十分に活用されるのでしょうか。

2019年9月の建設状況

動画で浦頭の新しい国際ターミナルの建設状況をご覧ください。

2020年2月の建設状況

浦頭のターミナル建設側からの写真

浦頭の引揚地点からの写真

大崎公園方向からの写真

浦頭ターミナル建設中

供用開始は4月

この浦頭の国際クルーズ船のターミナルの供用開始は,2020年4月としています。

入港情報のウェブサイトによると,最初の入港は2020年4月2日のコスタ・セレーナ。コロナウイルスによる影響は収まっているでしょうか?

遅れて2020年8月完成

工期は遅れ,クルーズ船も入港しなくなり…と踏んだり蹴ったりな状態。そのまま廃墟にならないことを願います。

ということで,2020年8月にターミナルが完成しました。

長崎を記憶するYouTubeチャンネルの紹介

私たちが過ごす長崎。その長崎の今の景色は過去になっていきます。

「変わる長崎を記憶してたい」をテーマに,長崎の風景を残すために「ここどこ?長崎!YouTubeチャンネル」に動画を投稿しています。お気に召していただけましたら,無料のチャンネル登録をお願いいたします。