変わる長崎を記憶したい

長崎恐竜博物館 建物は完成 現状を写真で紹介 開館はいつか?

こんにちは。ここどこ?長崎!です。変わる長崎を記憶したいと,長崎を走り回っています。

長崎の新しい観光スポット「長崎恐竜博物館」の建設状況に進展が見られましたので行ってきました。

長崎恐竜博物館が野母崎半島に!

この春(2021年春)長崎恐竜博物館の建物が完成しました。とはいっても建物内部や周囲の整備はまだまだなのです。

長崎のもざき恐竜パーク敷地全体

この敷地一帯が,「長崎のもざき恐竜パーク」として整備されていきます。

楽しみにしている方,冷ややかな目で見ている方,いろいろな感情が織り交ざる事業です。

開館は2021年秋

この「長崎恐竜博物館」の開館は2021年10月29日

長崎の新しい観光スポットとなるのでしょうか。作ったからには野母崎地域の,そして長崎市の活性化につながってほしいものです。

恐竜博物館の完成した建物

指定管理者の応募はあるのか

この長崎恐竜博物館の指定管理者の応募はゼロとのニュースがありましたね。この記事執筆した2021年4月には再公募が行われています。

野母崎温泉の炭酸温泉は恐竜由来

この恐竜博物館の近くにある,閉館していた「Alega軍艦島」は,2021年春に「のもん湯」としてオープンします。この野母崎温泉は炭酸泉なのですが,その炭酸が恐竜由来ではないかとニュースになっていました。

恐竜博物館の立地の根拠,そして恐竜博物館の計画を後押しする発見ですね。

この「のもん湯」は軍艦島が見えるホテル「Nomon長崎」に併設されています。

野母崎から見る軍艦島

長崎亜熱帯植物園跡地ではありません

一時期,恐竜博物館の建設場所が,「長崎県亜熱帯植物園 サザンパーク野母崎」跡地だとうわさされていましたが,それは間違いです。

恐竜博物館は水仙公園の横プールの跡地に建設されています。

「のもざき水仙まつり」の時には混雑するこの野母崎。新しい観光スポットが増えて,いつも人でにぎわう町になってほしいものですね。

長崎を記憶するYouTubeチャンネルの紹介

私たちが過ごす長崎。その長崎の今の景色は過去になっていきます。

「変わる長崎を記憶してたい」をテーマに,長崎の風景を残すために「ここどこ?長崎!YouTubeチャンネル」に動画を投稿しています。お気に召していただけましたら,無料のチャンネル登録をお願いいたします。