変わる長崎を記憶したい

IIJmioのギガプランと楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIを併用すればiPhoneを440円運用できるのか

携帯電話各社が、新プランを出してきていますね。値下がりに期待です。

その中でもわたしが注目しているのが、IIJmioと楽天モバイル。

これを組み合わせればiPhoneが440円だけで運用できるのではないかと思われた方も多いのではないでしょうか。

結論を言えば可能だが推奨はされないという状況です。

IIJmio eSIMの仕組み

eSIMとは何だろうかと思った方もいるでしょう。簡単に言えば、SIMカードの代わりにQRコードが発行され、それを読み込むだけで使えるようになるSIMのことです。

iPhone(XS・XR以降)は物理SIM以外にeSIMに対応しています。

IIJmioのeSIMはデータ通信専用で、2GBが月440円(税込)

iPhone

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VIの仕組み

IIJmioのeSIMをデータ通信用に使ったならば、楽天モバイルに音声通話の物理SIMで運用します。データ通信一定量使わない限り0円です。

楽天モバイルで通話料を無料にする条件は、Rakuten Linkアプリで電話をかけること。実はこのRakuten Linkアプリはデータ通信を使った電話なのです。

そのRakuten Linkで電話をかける際のデータ通信はノーカウント。それで通話料無料を実現しています。

ということは…モバイルデータ通信をIIJmioにしていれば、電話を掛けるときにIIJmioのデータ通信が消費されるということでしょうか。

そうです。

可能だが非推奨 各自の判断で

Rakuten Linkアプリを使って電話をかけても、IIJmioのデータ通信を使うならば、かけ放題ではないことになります。

Rakuten Linkアプリは楽天回線で使うことが推奨されます。

私の使い方

私はIIJmioの音声通話を主回線として登録し、楽天モバイルの電話番号も新規に取得し副回線として登録しています。MNPをしなかったため、楽天モバイルの電話番号は電話番号を伝えていない方(企業やお店など)にかけるときにWi-Fi環境で使用しています。