長崎を動画で紹介するYouTubeチャンネル

長崎で自転車に乗ろう!?わたしは無理。

交通手段としての自転車

先日,東京へ行き,自転車を交通手段・移動手段としている方たちが多いことにびっくりしました。

長崎での自転車の位置づけは,「子どもの遊び道具」または「アウトドアスポーツ」です。

交通手段として自転車に乗ろうとは思いません。

坂の町 長崎

なぜ,自転車は交通手段ではないのでしょうか。

長崎は坂の町です。坂には階段も含みます。
階段を自転車で通ろうとは思いませんね。
坂なら,自転車でも行けそうです。街まで自転車でどんどん進み,楽にいくことができます。
帰りはどうしましょうか。お買い物の荷物・お迎えした子どもを乗せた自転車で坂を上るなんて…できません。

それで,自転車は交通手段ではないのです。

原付の街 長崎

では長崎での交通手段は何なのでしょうか。原付バイクです。

この長崎人口で,50cc原付(白ナンバー)のナンバーは5桁。たくさんの原付バイクが走っています。

どんどんと,車の間をすり抜け,車よりも早く目的地に着きます。時速50-60キロで走るのは当然な状況になってしまっています。
(すり抜けやスピード違反を進めているのではなく,現状をお伝えしています。両者ともにわたしは反対派です。)

自転車にやさしくない 長崎

自転車が交通手段として使われていない長崎ですので,車やバイクの運転手は,自転車にやさしくありません。

歩道も,そのようには作れらていません。

自転車を長崎で交通手段とするのは危険ということができるでしょう。