長崎を動画で紹介するYouTubeチャンネル

長崎大水害を思い出し災害に備える気持ちを湧きあがらせる

長崎は災害がない?

長崎は地震が少なく,防災意識が低いことで有名です。

しかし,これまで災害がなかったわけではありません。

長崎大水害

1982年7月23日,死者・行方不明者を300人近く数えた,長崎大水害が起きました。

それから,治水事業も進み水害は起こりにくくなったとはいえ,土砂災害・水害・地震・台風など,災害はいつどこで起きてもおかしくありません。

7.23長崎大水害水位

その長崎大水害の記憶を残し,防災意識を新たにするため,長崎大水害の水位の碑を撮影してきました。

溺れないほうがおかしいと思える高さです。泳げる人でも,濁流の中がれきが体に当たり,命を落としてしまうことでしょう。

災害を忘れることなく,防災意識を高め,日頃から備えをしておきましょう。