長崎を動画で紹介するYouTubeチャンネル

長崎市の鳥は「ハト」に決定-ペンギンは副市鳥なのか?

長崎市の鳥「ハト」

長崎市の鳥が,投票・長崎市の鳥選定審査会の選定などを経て決定されました。

「ハト」

ハトといえば平和の象徴の白いハトをイメージして投票や審査が行われたのでしょうね。

ただし,長崎に多いのはドバト!(白いハトも白いドバトだとは思いますが)

「ドバト」の多い長崎市

長崎市に限らず,日本中に,もしくは世界中にドバトはいるのかもしれません。

バードウォッチングをする人達からは,野鳥としては認めてもらえません。新地橋広場や平和公園や湊公園にいるのもドバトですね。

中国からの観光客も,ドバトをよく追いかけています。特に子どもたちが。中国にはハトはいないのでしょうか?それとも食用で,ニワトリがいるような感覚なのでしょうか。

ということで,ドバト映像をお届けします。

ドバトのいる風景

「ペンギン」の扱いは?

長崎市の鳥選定審査会によると,「ペンギンに関しても、いろいろな活用など市の鳥に準じる取扱いが望ましい。」としていました。

しかし,その後のペンギンに関する話題は無し。

どうなる「ペンギン!」

長崎を記憶するYouTubeチャンネルの紹介

長崎の現在の景色は過去になっていきます。長崎の風景を記録として残している,ここどこ?長崎!YouTubeチャンネルをご覧ください。

お気に召していただけましたら,チャンネル登録をお願いいたします。